G・A作戦準備室

サークル重力天使のほめぱげ。主にダラダラとした告知とかキッチリとしたどうでも良い話。      発行する同人誌には18禁の物もありますが、ここは全年齢なのです。

Rubber Edg/5

壁に掛けた飾りの無いカレンダー。日々の日課としてやっている事はなにも夕焼けを眺める事だけではない。
カレンダーにマジックで『印』をつける。
特に意味がある訳では無いけれど、帰宅した時にその日の日付に×をつける。
いつ頃から始めたと言う確証は無いのだが、毎日規則的に行っている事だ。
六月二十日……今日も特に何も無し。


帰宅前に考えていた物を再度考える。
なるほど、今更ながらに私は色々持っていないんだ。
今思うのならば、私は世間一般で言う『不自由』な子供なのだろう。
両親は居らず、奨学金を貰って、学生生活をしている。
パトロンはいるが、顔は知らない。
それでも一人暮らしに必要な知識はあるし、特別何かに困った事も無い。
強いて言うのならば、『もしかしたら自分は多くの物を持っていない』と言う恐怖感を時に抱く。それが確信に変わった。
ああ、私は最初から色々と持っていないんだ。
だから、今を『普通』と考える。
今に充足を感じている。
そして最初から無いのだから、欲しいとも思わない。
それを怖いと思った。
欲の無い人間と言うがどんな強攻に走るかを知っているから。
いつ自分がそうなるのか。そうならないと言う確証を持たないから。


夜も遅く。
いつものように寝る前にニュースに目を通す。
特に変わりもない世の中だけれど。それでも小さな変化が、やがて大きな波になるのだと、どこかで信じているから大体の内容に目を通す。
『次のニュースです。イラン・イラク間の混乱はいまだ沈静化の目処が立たず、米国の軍事介入が計画されています。また、ロシア政府はこの米国の軍事介入に対して抗議文書を国連に提出するとの発表を……』
硝煙と砲弾の飛び交う映像に気分が悪くなり、チャンネルを回す。
『加熱するASEAN、東南アジア諸国連合の中華連邦に対する経済的……』
『南大西洋におけるメタンハイドレート採掘の年次計画を本日ウルグアイ政府と……』
日々、代わり映えが無い。そう、少なくとも私の『世界』には介入しないのであれば、変化が無い。
ずっと、そうやって生きてきた。だから、今日も変わりないと思う。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad