FC2ブログ

G・A作戦準備室

サークル重力天使のほめぱげ。主にダラダラとした告知とかキッチリとしたどうでも良い話。      発行する同人誌には18禁の物もありますが、ここは全年齢なのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェインの摂取は道義的に間違ってはいないでしょうか

日本のコンビニエンスストアからエロ本が消えるらしい。
曰く、エロ本も含めた書籍全般の売上が芳しくないと言う、商売として全く正しい判断でそうなったらしいのだが、色々なメディアの皆さんが「不健全で」「外国人に勘違いされて」「恥ずかしくて」「傷つくから」「子どもに見せたくなくて」と言う丁寧な言葉で、どこかたしなめるように、これを良いことだと歓迎していた。

そこでタイトルの意味だ。

カフェインは基本的に、
<覚醒剤であり>
<興奮剤であり>
<胃を悪くし>
<健康に害をなす物質>
だと断言した。

『ハーモニー』伊藤計劃 より引用


作中ではこの後、カフェインは廃止されるべきだ、と言うような内容を「とても優しく」「ていねいに」「控えめに」提案する流れとなった。
誰かが傷ついている、社会的に不健全だ、被害者がいる。
それらはとても痛ましくて、共感を呼び、理解され、共有されるべき、とても優しい感情なのだろう。
けれど、そうして誰にでも優しく、健全で、健康で、安全で、安心な社会は果たしてどこに行き着くのだろう。

ヒトがどんどん優しくなれば、エロ本が消えて、タバコが消えて、酒が消えて、その次は多分、コーヒーと茶が世界から消えるんだろう、とボクは予想するのだろうけれど、ヒトはどこまで優しくなれるのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://scarletshow.blog112.fc2.com/tb.php/122-18bb8782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。