G・A作戦準備室

サークル重力天使のほめぱげ。主にダラダラとした告知とかキッチリとしたどうでも良い話。      発行する同人誌には18禁の物もありますが、ここは全年齢なのです。

色々とお茶を濁したい所

月も星も太陽さえもフェイクに過ぎない(キリッ

原稿の方ですがやっとこさ着手できました。
調子が良ければこのままのペースでも行けそうですが、相変わらず遊ぶ余裕が全然なさそうです
それでもDIVAアーケード稼働日は池袋GiGO行きますので、その時の疲弊次第って事で。

今日はSSじゃなく、企画書をうpです。
あくまでもこんな感じで作るんだよーってテンプレート的な物ですが、こんな所まで来るオヒマな人が何か掴めれば幸いです。
なお、今回載せる企画書の権利などは全て当方にあります。

このゲームは現実での対戦を想定した切欠となるソフトです。
そのため、キャラクタの成長は存在せず、ストーリーモードは純粋にアバターパーツをゲットするためだけにあります。

ターゲットとなるのは中学生以下の青少年~実際に子供の頃に鬼ごっこなどをしていた社会人まで。
ほぼ全ての年齢層がプレイできる事を想定します。

販売機種はDSやPSPなどの携帯ハードを想定しています。
ワイヤレス通信を利用して、オフ会や公園などで実際にプレイしてもらうためです。


タイトル:逃走!(仮)


ジャンル:大人が本気のかくれんぼ対戦ACT


プレイ時間:合計20~30時間程度。1プレイ1時間程度。


開発期間は人件費などを考慮し、最大で九ヶ月程度を目安とします。
一年では人件費などを考慮して採算が取れないと判断します。


テーマ
かくれんぼ、缶蹴り、ケイドロなどを本気で大人がやったらどうなるのか?
と言うのを突き詰めた物です。
また、このソフトを切欠に実際に自分の体でプレイしてもらいたいという願望もあります。


あらすじ
20XX年。
多様化するスポーツなどのあらゆる娯楽の中で単純かつ誰にでも分かる鬼ごっこが競技化。
多種多様なルールによりいくつかの分類がなされる。
生き残れば賞金も出るので競技人口はさらに拡大。
プレイヤーはその足の速さから競技に参加するようになる。


登場キャラクター

プレイヤー
任意で名付ける事が可能。


世界観設定
まさに現代~少し未来くらいの時期。
都市のモデリングなどは出来る限りリアルに。

舞台設定
・都市部
新宿、池袋、秋葉原、お台場等。
モブや建物を利用して逃走を行う。
無論、逃走の障害ともなる。

・山岳
都市部から僅かに外れた都内近郊の山。
高尾山あたりをモチーフに。

・雑木林
木々が乱立し、障害物となる。

・離れ島
江ノ島をモチーフとした場所。
昭和の香りの残る商店街に雑木林、山岳地帯、海岸部分がある。


ゲームシステム

プレイヤーは一人の競技参加者としてゲームに参加。
一年間と言うタイムスケジュールの中でトレーニングなどを積み重ねて、賞金を稼ぐ。
ただし、賞金はキャラクターアバターパーツの購入のためでしかない。
キャラクターの性能は変わらないためである。
このゲームの真髄はワイヤレス通信を利用した「対戦モード」にあり、対戦モードでアバターパーツを見せ合いっこも良いですが、実際に体を使って楽しんでもらう事まで想定。


競技ルール
基本的な鬼ごっこ、缶蹴り、ケイドロのルールに順ずる。
また、いずれも終わりの無いゲームであるため、一定時間まで試合として行われる物とする。

・鬼ごっこ
鬼は舞台となるステージ次第だが、参加者よりも少ない事が前提。複数人の場合もある。
タッチで鬼と逃亡側が交代。競技時間のうち、鬼であった時間が少ない者が勝利。
なお、初期段階で鬼だった者は圧倒的に不利と思われるので、ステージの広さ、試合時間に応じた、ボーナスタイムが支給される。
このボーナスタイムはその後調整要素。

・缶蹴り
鬼多数。缶複数個。
ただし、缶を踏むのは鬼チームの代表者数人のみに与えられた権利。
鬼50に対して逃走側3くらい。
制限時間の中で逃走側が一人でも生き残れば勝利。
缶を蹴り飛ばす事で全員逃亡と言うルールはそのまま。

・ケイドロ
捕まったドロボウの留置は釈放しやすいように調整。
ゲーム的には接近するだけでタッチしたとみなし、釈放。
釈放直後は無敵時間を設定するなどの調整必須。

・マフィアゲーム
本作オリジナルゲーム
10vs10程度のチーム戦。
それぞろ三種の役割に分かれてゲーム開始。
兵隊:大将を捕まえる事が出来る。
ガード:兵隊を捕まえる事が出来る。
大将:チーム内に一人。捕まった兵隊を解放する事が出来る。
ケイドロからの派生ルールである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://scarletshow.blog112.fc2.com/tb.php/41-5b1c4c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad