G・A作戦準備室

サークル重力天使のほめぱげ。主にダラダラとした告知とかキッチリとしたどうでも良い話。      発行する同人誌には18禁の物もありますが、ここは全年齢なのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Boot 3

いかなる場所にあったとしても、彼女……『赤坂 七瀬』を知る人は彼女をこう、評するだろう。
『異質者』であると。

人類、即ち『ホモ・サピエンス』なる生き物の遺伝子情報を正しく遺伝しているのだとすれば、どうあってもそうした外見になる事は無いはずの髪の毛、瞳は異質その物だ。
或いは、過去の魔術大戦の時代であれば、そうした外見的特長を持つ人間がいたは事実らしいが、彼女の血統を見る限り、そうした事は一切無いと言えるだろう。
人は、目の前の『異質』を忌み嫌う。それはいつの時代にあったとしても普遍の事実だ。

容姿がちょっとおかしいからと
言動がちょっとおかしいからと
頭が良いからと、走るのが速いからと、趣味が特殊だからと
異質な相手を排除しようとし、忌み嫌う。

考えが違うから、殺す。
豊かだから、殺す
崇める神が違うから、殺す。
肌の色が違うから、殺す。
殺す。


赤坂七瀬、彼女はそうした群れの中でもひときわ目立つ存在であった。
真紅に輝くその長い髪は異質を排除しようとする人々の格好の対象となった。
赤みの掛かった瞳は美しく、容姿も一般的なレベルで言えば及第点以上であり、かつ頭脳も明晰となれば排除しようと言う考えは加速する。
アルビノ、先天性色素欠乏症……所謂、遺伝病を生まれながらに患った二万人に一人の稀有な存在である。
無論、遺伝子治療などである程度までの弱点は補えるのが当然の時代でありながらも、彼女はそうした治療を満足に受ける事をしなかった。
彼女は自らのマイナスを全て受け入れ、生きていく事を選択した。
まるで、それが当然の行いのように、彼女は選択した。


自らの生命のリスク、それは当然知っていた。
外的要因のほぼ全てが私にとってのダメージに繋がる。
空から降り注ぐ放射線が身体を焼き、瞳を焼く。
細胞はその都度に蝕まれ、組織を壊して行く。
それでも、旧世紀の時代よりはマシになった。
医学に頼らねば、間違いなく、誰よりも早く、真っ先に死ぬ運命にある自らを呪った時期もあった。あれは、そう……


目の前のモニターに映る文字列が激しく乱れる。
そりゃあ、そうだ。
体勢を崩して、タッチセンサーに手の平を押し付けてしまったのだから。
激しい頭痛の中にあっても、意識は覚醒している。
まるで冗談のような画面の文字列に嘲笑すら沸いてくる。
けれど、そうした事すら止めるようにと、脳が痛む。


rtDfヴゅイオm、k、yt化しjlmがl、がsどいgはsdがsrgウysgDm;あぺrDfにいぇ;オアksvひぃsたえrそdヴぃやせんかせ1んb¥3bzx09(87尾お会いp間sぢ9pf7せrうぇjlbなsづfy6あsrg・・・;寡婦9くぅエmb縫いあrwDf663位qhふいsdがうぇga;iogu4wh


そして、闇に、堕ちて、行く




Flip・Flop
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://scarletshow.blog112.fc2.com/tb.php/8-20897b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。